集中もイメージもいらない!誰でもマインドフルネス効果1

●脳を休める必要性と方法

脳は一日中ずっと何かを考えています

あなたが満足しようがそうでなかろうが

何も考えず真っ白、という時間はありません

頭を真っ白にしようと座禅を組んでも

まだ何かを考え続けるのが脳の働きです

一日の終わりには、あなたの脳は

たっぷり疲れているでしょう

 

そして、一日活動した身体を休めるために

睡眠をとっている間も

脳は完全にストップすることはありません

完全に止まってしまったら

寝返りどころか呼吸も止まってしまいます

夢を見ていない時間も

ずっとずっと脳は働いているのです

 

実は、そんな睡眠中でも

脳がゆっくり休めるときと、そうでないときがあります

脳が休めるときは眠りが深く

眠りが浅いときは、脳が活動したままで

夢を見ていたり、眠りながら何か考えていたり

ちょっとしたことですぐに目が覚めたりします

 

しっかり深く眠るためには

寝る前に、マインドフルネス、瞑想を行うことが効果的です

頭がスッキリし、リラックスして眠れるでしょう

 

寝る前のほっこり瞑想

Follow me!

コメントを残す